1540円,赤ラベル竹ほうき,ホーム&キッチン , 掃除用品 , ほうき・ちりとり , ほうき,/concenter1249011.html,全長160cm,seeway.app,#34;登龍#34;七段 55%以上節約 #34;登龍#34;七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm 1540円,赤ラベル竹ほうき,ホーム&キッチン , 掃除用品 , ほうき・ちりとり , ほうき,/concenter1249011.html,全長160cm,seeway.app,#34;登龍#34;七段 1540円 #34;登龍#34;七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm ホーム&キッチン 掃除用品 ほうき・ちりとり ほうき 1540円 #34;登龍#34;七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm ホーム&キッチン 掃除用品 ほうき・ちりとり ほうき 55%以上節約 #34;登龍#34;七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm

55%以上節約 #34;登龍#34;七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm 【正規品直輸入】

#34;登龍#34;七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm

1540円

#34;登龍#34;七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm


商品の説明

お掃除用品 ほうき 竹ほうき 清掃 年末 大掃除お掃除用品 ほうき 竹ほうき 清掃 年末 大掃除
竹ほうき お掃除 清掃 竹ほうき お掃除 清掃 竹ほうき お掃除 清掃 高級  竹ほうき お掃除 清掃 竹ほうき 座敷ほうき ほうき お掃除 清掃 オニクマデ 竹クマデ 竹熊手 落ち葉 草刈り
"孟宗"六段 藍ラベル竹ほうき 全長160cm "登龍"七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm 頑丈六段締め"極み竹ほうき" 特上品 約165cm ミニ竹ほうき100cm 長柄ナイロンほうき 128cm
全長 約160cm 約160cm 約165cm 約100cm 約130cm
特徴 掃きやすい 掃きやすい 穂の量が多い 柄が短く使いやすい ナイロン製で水に強い
竹ほうき お掃除 清掃 竹熊手 竹クマデ 竹ほうき お掃除 清掃 竹熊手 竹クマデ 落ち葉 竹ほうき お掃除 清掃 オニクマデ 竹クマデ 竹熊手 落ち葉 草刈り 竹ほうき お掃除 清掃 オニクマデ 竹クマデ 竹熊手 落ち葉 草刈り 竹ほうき お掃除 清掃
上等 竹クマデ・大33本爪 松葉熊手 竹製 荒クマデ 11本爪 上等 竹製 鬼クマデ 10本爪 大型 竹ミニクマデ 70cm 竹熊手 21本爪 中型
全長 約130cm 約130cm 約140cm 約70cm 約120cm
爪の本数 33本 11本 10本 20本 21本
材質 天然竹 天然竹 天然竹 天然竹 天然竹
竹ほうき 座敷ほうき ほうき お掃除 清掃 オニクマデ 竹クマデ 竹熊手 落ち葉 草刈り 竹ほうき お掃除 清掃 座敷ほうき 清掃 お掃除 大掃除 ほうき 座敷ほうき フローリン竹ほうき 座敷ほうき ほうき お掃除 清掃 オニクマデ 竹クマデ 竹熊手 落ち葉 草刈り 竹ほうき 座敷ほうき ほうき お掃除 清掃 オニクマデ 竹クマデ 竹熊手 落ち葉 草刈り 竹ほうき お掃除 清掃 オニクマデ 竹クマデ 竹熊手 落ち葉 草刈り
"鶴亀 金ラベル" 座敷ほうき 手編み 短柄 鶴亀・長柄座敷ほうき 全長140cm やわらかPETほうき・チリトリ スイスイ ナイロン万年ほうき 5カラー 黒シダほうき 5カラー
全長 約90cm 約140cm 約85cm 約80cm 約80cm
毛の材質 藺草(ほうき草) 藺草(ほうき草) PET ナイロン 黒シダ
毛の硬さ 普通 普通 柔らかめ 硬め 柔らかめ

#34;登龍#34;七段 赤ラベル竹ほうき 全長160cm

文献ランキング(各10件)

165 22 22 18 OA 日本名宝物語

著者
読売新聞社 編
出版者
誠文堂
巻号頁・発行日
vol.第1輯, 1929
著者
安田 裕子 モーターサイクルエキゾーストモディファイドバイクエスケープステンレススチールフロントリンクパイプキムコ用Xciting400 500 Xciting400 Xciting500 排気管 髙田 沙織 ヘンデル:オペラBOX [Blu-ray Disc, 4枚組] サトウ タツヤ
出版者
日本質的心理学会
雑誌
質的心理学研究 (新品 カワサキ 純正 バイク 部品 ZX-6R クランクケースオイルシール 純正 92049-1520 W650 1400GTR 22164553)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.181-203, 2008 (Released:2020-07-06)

中絶を選択した女性は,生命の喪失や,社会的に容認されないというスティグマに苦しむ。そのために,自らの経験や気持ちを誰かに語ることが困難であり,孤独のうちに悲嘆のプロセスを辿る人が多い。本稿では,20 歳前後の未婚の時期に中絶を経験し,中絶手術後 2 年以上経過した女性 3 名を対象にインタビューを行い,その経験を聴きとった。そして,中絶を選択する未婚の若年女性が何に迷い苦しんでいるのかを,その経験の固有の意味を含めて,周囲の人々が理解できるように,描き出すことを目指した。分析枠組みとしては,複線径路・等至性モデル(TEM)を用いた。妊娠していることに気づき,医師の診断を受け,中絶手術をし,現在に至るまでの時間経過のなかで,社会的制約やパートナーなどの周囲の人々の影響をうけつつ変化する,中絶経験の多様性を捉えた。彼女たちは,パートナーの辛さに配慮し,また中絶したことによる罪悪感に苛まれ,それゆえ周囲の人々に話すことができず,実質的・精神的な支えを得られにくい辛い状態であった。また,中絶をすることで,元の状態に戻ることを望んでいる人もいた。しかし,時間が経過した後,彼女たちは,妊娠と中絶を,自分の人生における大事な経験として受け容れようと変化していた。
著者
渡辺 大輔
出版者
日本教育政策学会
雑誌
日本教育政策学会年報 (ISSN:24241474)
巻号頁・発行日
vol.24, pp.56-65, 2017 (Released:2018-08-27)

It is important that Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), has expanded its coverage of support to“Sexual Minorities” and promoted Human Rights Education about Diversity of Sexuality in schools in the“Regarding the Careful Response to Students with Gender Identity Disorder”(2015). On the other hand, the challenges are that support cases are only for Gender Identity Disorder students, and that those are yet be reached to rethink gender binary system in school. Bullying situations that come from one’s Sexual Orientation, Gender Identity, and Sexual Expression are seen from the first grade in elementary school. It proves that children already KNOW about “Sexual Minorities”as negative things. Therefore, we need to learn about “Sexual Diversity”from before a lower grade of elementary school. This means “to match the developmental stage”. The current Guideline for the Course of Study is biased to the“Cis-gender and Heterosexual”education. Therefore, in order to guarantee the neutrality of education, learning about “Sexual Diversity”is necessary for us.
著者
三木 那由他
出版者
科学基礎論学会
雑誌
科学基礎論研究 (ISSN:00227668)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1, pp.33-48, 2021 (Released:2021-12-14)
参考文献数
14

In the process of presenting his theory of conversational implicature, Paul Grice (1975) segmented cases of conversational implicature into three groups: Group A, where no maxims are violated; Group B, where the violation of a maxim is to be explained by the supposition of a clash with another maxim; and Group C, which involves the exploitation of a maxim. Yukiko Kawaguchi, however, claimed in her 2001 article that this categorization is ill-grounded. This paper proposes, in opposition to Kawaguchi, an interpretation of Grice’s theory of conversational implicature which accords with his treatment of conversational implicature and provides reasonable evidence in support of his categorization of it.
著者
Yusuke Goto Naoki Sato
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
pp.2022-002, (Released:2021-12-21)

The horizontal movement vectors of the maximum rainfall area associated with local heavy rainfall around Tokyo in the afternoon of high-temperature summer days were analyzed using a numerical algorithm in order to investigate their relationship to the wind vectors in the free atmosphere. First, the movement vectors were objectively identified every 10 minutes from radar echo intensity data, and their time average from the onset to the termination of a heavy rainfall event was calculated. The results show that the maximum areas of localized heavy rainfall around Tokyo most frequently move to the east-southeast and southeast. Moreover, the direction of movement is shifted to the right relative to the mean direction of the free atmospheric winds in most cases. It is also implied that water vapor supply from the south in the boundary layer plays a role in the rightward movement.

127 125 125 4 OA 本邦刀剣考

著者
榊原長俊
巻号頁・発行日
1827
著者
安田 裕子 タンクステッカープロテクター カワサキNINJA400 NINJA 400 Z400 Z400モーターサイクル燃料タンクパッド保護デカール燃料タンクサイドステッカー傷防止用 3Dステッカー (色 : O) 髙田 沙織 イカスミパウダー 200g サトウ タツヤ
出版者
日本質的心理学会
雑誌
質的心理学研究 (釣り用シート、屋外用折りたたみ椅子軽量滑り止めデザイン)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.181-203, 2008 (Released:2020-07-06)

中絶を選択した女性は,生命の喪失や,社会的に容認されないというスティグマに苦しむ。そのために,自らの経験や気持ちを誰かに語ることが困難であり,孤独のうちに悲嘆のプロセスを辿る人が多い。本稿では,20 歳前後の未婚の時期に中絶を経験し,中絶手術後 2 年以上経過した女性 3 名を対象にインタビューを行い,その経験を聴きとった。そして,中絶を選択する未婚の若年女性が何に迷い苦しんでいるのかを,その経験の固有の意味を含めて,周囲の人々が理解できるように,描き出すことを目指した。分析枠組みとしては,複線径路・等至性モデル(TEM)を用いた。妊娠していることに気づき,医師の診断を受け,中絶手術をし,現在に至るまでの時間経過のなかで,社会的制約やパートナーなどの周囲の人々の影響をうけつつ変化する,中絶経験の多様性を捉えた。彼女たちは,パートナーの辛さに配慮し,また中絶したことによる罪悪感に苛まれ,それゆえ周囲の人々に話すことができず,実質的・精神的な支えを得られにくい辛い状態であった。また,中絶をすることで,元の状態に戻ることを望んでいる人もいた。しかし,時間が経過した後,彼女たちは,妊娠と中絶を,自分の人生における大事な経験として受け容れようと変化していた。
著者
鵜澤 由美
出版者
国立歴史民俗博物館
雑誌
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History (ISSN:02867400)
巻号頁・発行日
vol.141, pp.225-263, 2008-03-31

これまで、近代以前の日本には誕生日の習慣はなかったと考えられ、誕生日に関する研究もほとんどされてこなかった。しかし、日本でも天皇や将軍などの誕生日は祝われ、古くは奈良時代に誕生日の行事が行われていたのである。そこで本稿では、近世における誕生日の実態を明らかにするべく、誕生日の祝われ方、位置付けなどを考察していく。将軍の誕生日には、将軍の御前で祝が行われるとともに、殿中に祗候している者たちに餅や酒が下賜されるという行事が行われた。将軍の誕生日は、将軍と、殿中で祗候する詰衆や旗本、御家人との主従関係を意識させる儀礼の一つであったのである。この祝の構造は大名家の一部でも見られ、藩主の誕生日に家臣が集められて祝儀が行われた。公家にとっての誕生日は節句のようなものであり、当主が自らの誕生日を最も盛大に祝っていた。家族や友人と祝宴を開くのが一般的であった。産土神である御霊社への参詣も行われた。また、天皇の誕生日は、近世に入っても毎月行われ、女官が心経を読誦した。下級武士や庶民は、子供や孫の誕生日を中心に祝った。赤飯を炊き神に上げ、親類や隣人と会食をするなど、家族的な行事だった。誕生日には餅や酒が出され、また厄除けの力があるという小豆も食べられた。神仏の信仰も重視されている。日頃の無事を喜び、今後も息災であることを願ったと推測される。年を取るのはみな一斉に正月であったけれども、前近代の人々も、自分や家族などの生まれた日を特別な日として意識していた。一年に一度めぐってくる誕生日を記念し、祝うという概念があったのである。明治以降、西洋文化が輸入され、戦後に満年齢が制度化されて誕生日に加齢の要素が加わり、生活の欧米化も加速していく中で、今日のような祝い方になったと考えられる。
著者
Naoko Inomata Hiroyuki Osuna Katuyuki Kawano Junko Yamaguchi Masumi Yanagimachi Setsuko Matsukura Zenro Ikezawa
出版者
Japanese Society of Allergology
雑誌
Allergology International (ISSN:13238930)
巻号頁・発行日
vol.56, no.3, pp.257-261, 2007 (Released:2007-09-13)
参考文献数
18
被引用文献数
18

Background: Allergic reactions after ingestion of fermented soybeans have rarely been reported. Fermented soybeans were recently reported to be a causative food of IgE-mediated, late-onset anaphylaxis without early phase responses. The objectives of our study are to clarify the clinical and laboratory features and to characterize the allergens in allergy due to fermented soybeans. Methods: Seven patients with suspected hypersensitivity to fermented soybeans, from whom informed consent had been obtained, underwent skin prick-prick tests with fermented soybeans and challenge test with fermented soybeans. Additionally, specific IgE against fermented soybeans and the allergens of fermented soybeans were detected by ELISA and IgE-immunoblotting, respectively. Results: Seven male patients, aged 26 to 42 years (mean age, 33.1 years), participated. All patients reported generalized urticaria and dyspnea; 5, loss of consciousness; 2, collapse; 2, vomiting; and 2, diarrhea after fermented soybean ingestion. The interval between fermented soybean ingestion and onset of symptoms was 5 to 14 hours (mean, 9.6 hours). All patients were positive on skin prick-prick tests with fermented soybeans. In 2 patients, oral challenge with fermented soybeans was positive 5.5 and 13 hours after ingestion. In ELISA, all 5 patients tested showed elevated IgE levels to the fermented soybean extract. Furthermore, IgE-immunoblotting using 5 patients' sera showed six bands, of which three bands at 38, 28, and 26-kd were bound to sera from 4 patients. Conclusions: Cases with hypersensitivity after ingestion of fermented soybeans most frequently correspond to IgE-mediated, late-onset anaphylactic reactions due to fermented soybeans.
著者
Masakazu HARA Mayuko KISHIMOTO Toru KUBOI
出版者
透明な穴あき圧力板の発泡装置5秒速発泡発泡ボトルフェイスウォッシュフォーミングネット、バスルームに適しています。 (Color : Blue)
雑誌
Food Science and Technology Research (ISSN:13446606)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.80-81, 1999 (Released:2006-09-08)
参考文献数
13
被引用文献数
8 8

The contents of d-limonene, a major essential oil component in citrus species, were determined in Citrus unshiu, C. sinensis and C. limon during fruit development. d-Limonene was separated from l-limonene by a capillary chiral column attached to GC. The ratio of d-form in the total limonene remained higher than 95% throughout all stages of development. In these fruits, d-limonene content reached maximum just before the pericarps turned from deep green to yellowish green. d-Limonene synthesis was confirmed to take place in the early stage of development within the month from August to September.
著者
白井 嵩士 榊 剛史 鳥海 不二夫 篠田 孝祐 風間 一洋 野田 五十樹 沼尾 正行 栗原 聡 Shirai Takashi Sakaki Takeshi Toriumi Fujio Shinoda Kosuke Kazama Kazuhiro Noda Itsuki Numao Masayuki Kurihara Satoshi
雑誌
SIG-DOCMAS = SIG-DOCMAS
巻号頁・発行日
no.B102, 2012-03-11

Twitter is a famous social networking service and has received attention recently.Twitter user have increased rapidly, and many users exchange information. When 2011 Tohokuearthquake and tsunami happened, people were able to obtain information from social networkingservice. Though Twitter played the important role, one of the problem of Twitter, a false rumordiffusion, was pointed out. In this research, we focus on a false rumor diffusion. We propose ainformation diffusion model based on SIR model, and discuss how to prevent a false rumor diffusion.
著者
Yoshiki Murakami Masaya Shinohara Yosuke Oka Ryo Wada Ryota Noike Hiroshi Ohara Tadashi Fujino Takanori Ikeda
出版者
The Japanese Society of Internal Medicine
雑誌
Internal Medicine (ISSN:09182918)
巻号頁・発行日
pp.8731-21, (Released:2021-11-27)
参考文献数
14

COVID-19 vaccine-related myocarditis has been reported worldwide. We herein report two Japanese cases with suspected vaccine-related myocarditis. A 27-year-old man was admitted with chest pain 4 days after the second vaccination. An electrocardiogram (ECG) did not reveal any significant abnormalities. The second patient, a 37-year-old man, was admitted with chest pain 9 days after the first vaccination. His ECG exhibited ST-elevation in multiple leads. In both cases, cardiac magnetic resonance imaging findings were consistent with myocarditis. They recovered with symptomatic relief within a few days. These cases suggest that the benefit of COVID-19 vaccination exceeds the risk of vaccine-related myocarditis.
著者
高田 知紀 梅津 喜美夫 桑子 敏雄
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集F6(安全問題) (ISSN:21856621)
巻号頁・発行日
vol.68, no.2, pp.I_167-I_174, 2012 (Released:2013-01-30)
参考文献数
32
被引用文献数
1 1 5

東日本大震災では,多くの神社が津波被害を免れたことが指摘されている.本研究では,日本の神社に祀られる祭神の多様性は,人びとの関心に応じた差異化の結果であるという仮説から,宮城県沿岸部の神社についてその祭神と空間的配置に着目しながら被害調査を行った.祭神については特に,ヤマタノオロチ退治で知られるスサノオノミコトに着目した.スサノオは無病息災の神として祀られることから,洪水や津波といった自然災害時にも大きな役割を果たすと考えられる.また,地域の治水上の要所に鎮座していることが多い.東北での調査から,スサノオを祀った神社,またスサノオがルーツであると考えられる熊野神社は,そのほとんどが津波被害を免れていることを明らかにした.この結果は,地域の歴史や文化をふまえたリスク・マネジメントのあり方について重要な知見を提供する.
著者
嵩原 広宙 田中 秀樹 岩城 達也
出版者
Japan Society of Kansei Engineering
雑誌
日本感性工学会論文誌 (ISSN:18840833)
巻号頁・発行日
pp.TJSKE-D-17-00030, (Released:2018-02-09)
参考文献数
武蔵 オイルシール UE14016014

Emotional state before sleep affects the subsequent sleep onset. The purpose of this study was to investigate how positive/negative emotion before sleep effected hypnagogic state. The movies eliciting positive or negative emotion were presented before sleep. Hypnagogic imagery was recorded as a probe of emotional experience and EEG microstate analysis was used for finding the emotion related EEG activities. The score of emotion ratings for hypnagogic imagery indicated that positive emotion was reported in not only positive condition but also in negative condition. This implied that hypnagogic state might be accompanied by positive emotion. Comparing the appearance of maps obtained from microstate analysis between conditions, the map of right temporal activity was significantly greater in positive condition while the map of the left frontal activity was greater negative condition. These results suggested that the emotion not just in presleep but also in hypnagogic state was involved in sleep onset process.
著者
武田 宗和 名取 恵子 諸井 隆一 原田 知幸 矢口 有乃 稲垣 伸洋
出版者
チ電極チップノズル シ 45XP/65/85/105.標準プラズマ切断消耗品220817 220993 2200818 220994 220953 220854 220816 220941 220930 220842 (Caliber : 220819, Power : 50Pcs)
雑誌
日本腹部救急医学会雑誌 (ISSN:13402242)
巻号頁・発行日
vol.33, no.4, pp.735-739, 2013-05-31 (Released:2013-07-26)
参考文献数
10

要旨:【症例】37歳飲酒歴のない女性。意識障害で発見され救急搬送,既往は躁鬱病と境界型人格障害。来院時ショック状態で下血を認め,緊急下部内視鏡検査で直腸から左側結腸まで全周性・連続性の発赤とびらんを認めた。翌日,薄めたウオッカ約1L(推定アルコール濃度49%)を自ら注腸したことが判明,虚血性腸炎に準じ保存的治療を選択。8病日の内視鏡検査では直腸からS状結腸までは粘膜の修復が認められ保存的治療を継続した。4週間後,下行結腸の高度な腸管狭窄を合併したため,本人との話し合いの結果,横行結腸に人工肛門を造設することとなった。【考察】過去の報告では,アルコール注入による直腸結腸炎は保存的治療で治癒することが多いとされる。本例は高濃度のアルコールが大量に注入され広範囲に腸管が傷害された上にショック状態に陥り,腸管虚血をきたしその治癒過程で腸管狭窄を合併したものと推察された。本例における治療方針に関する問題点をふまえ文献的考察を加え報告する。
著者
近江 龍一 西原 陽子 山西 良典
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.31, 2017

Web上に投稿される情報の中には青少年にとって有害な情報,特に猥褻な意味を持つ言葉は直接記述されず暗喩により表現されることが多い.本研究の目的は暗喩を用いて表現されている有害な文に対してフィルタリングを行うことである.提案手法では有害表現が含まれる文をドメインごとに機械学習し有害表現の分類器を作り,有害表現をフィルタリングする.提案手法の有用性を評価する実験をR-18指定の小説を使い行った.
著者
酒向 貴子 川田 伸一郎 手塚 牧人 上杉 哲郎 明仁
出版者
国立科学博物館
雑誌
Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series A Zoology (ISSN:18819052)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.63-75, 2008-06

The distribution of latrines of the raccoon dog, Nyctereutes procyonoides, was examined from July 2006 to December 2007 in the Imperial Palace grounds, Tokyo, Japan. The raccoon dog is accustomed to defecate at fixed locations, forming holding latrines; thus the distribution of latrines is a good indicator of their abundance. The results suggest that the latrines are widely scattered in the study site, but are more dense in the Fukiage area, where an old-growth broad-leaved forest is established. The latrine sites are used more frequently from September to December, as the number of fresh feces increased in the autumnal season. To examine the seasonal food changes of the raccoon dogs, 10 pieces of feces from some latrines were collected every month and analyzed the indigestible contents in the sampled feces. The food items identified consisted of animal, plant and man-made materials, suggesting that the raccoon dogs were highly omnivorous. The animal materials found from the feces included mammals (4% of total feces), birds (37%), reptiles (2%), amphibians (3%), insects (95%), chilopods (56%), isopods (2%) and gastropods (12%). Invertebrates were the most abundand food item throughout the year. Three coleopteran families, the Carabidae, Staphylinidae and Scarabaeidae, accounted for a large proportion of the insects and they showed seasonal fluctuations. These suggest that the raccoon dogs fed on them as major animal food resources in the study site, and perhaps the seasonality is related to the temporal changes of availability of the insects. The majority of plant materials found in the feces was a variety of seeds, suggesting that the raccoon dogs fed on berries and fleshy fruits throughout the year. The occurrence of seeds decreased from March to April, which coincided with a low availability of fruits. The seeds found in feces were categorized into three types : (1) the short-term berry type including Prunus (Cerasus) spp., Moms spp., Rubus hirsutus and Machilus thunbergii, which occurred only a short term after their fruiting periods ; (2) the long-term berry type, including Celtis sinensis, Aphananthe aspera and Swida controversa, which occurred continuously for three or more months after the fruiting periods ; (3) the acorn type, including Castanopsis spp., Quercus spp. and Ginkgo biloba, which occurred in early spring (January to April) when the other fruits are scarce. The seasonal change of the three fruit types implies that the raccoon dogs consume the available fruits in relation to the successive fruiting periods. The proportion of artificial materials found in the feces was considerably lower than in previous studies carried out in the suburbs of Tokyo, suggesting that the raccoon dogs in the study site strongly depend on natural foods. Most of the natural food items were native to Japan since the past Edo period. Thus we conclude that the preservation of biodiversity in the Imperial Palace grounds was essential for the re-colonization by the raccoon dogs of the Tokyo metropolitan area after the 1970s.
著者
松阪 崇久
出版者
日本笑い学会
雑誌
笑い学研究 (ISSN:21894132)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.90-106, 2018 (Released:2018-12-27)

動物ショーやテレビ番組に出演するチンパンジー・パンくんの映像作品を用いて、パンくんの感情表出についての分析を行った。映像作品でのパンくんは、着衣で二足歩行を行うことが多く、自然なチンパンジーの姿とは大きく異なっていた。テレビ番組用の映像と動物ショーの本番の映像では、それ以外の動物園などでの映像と比べて、チンパンジー本来の姿とのズレが大きく、感情表出に関しては、ポジティブな笑顔や笑いの表出よりも、恐怖・不安・不満といったネガティブな表出が多い傾向があった。とくにテレビ番組では、パンくんに試練を課し、不安やストレスを与えるシーンもしばしば見られた。このようなパンくん自身の感情表出以外に、テロップ、ナレーションや、チンパンジーの音声の追加によって、パンくんの感情を演出または改変する場面もあった。以上の結果を元に、ショーやテレビにチンパンジーが出演することの問題点について議論した。また、動物の福祉を考える上で、笑いや遊びに注目する意義について考察した。
著者
板屋 民子 飯島 正雄 斉藤 貢一 正木 宏幸 青木 敦子 斎藤 章暢 安藤 佳代子 徳丸 雅一 坂東 正明
出版者
Japanese Society of Food Microbiology
雑誌
食品と微生物 (ISSN:09108637)
巻号頁・発行日
vol.8, no.4, pp.203-212, 1992-03-20 (Released:2010-07-12)
参考文献数
10

A large number of Photobacterium phosphoreum (6-7 log/g) was isolated from “tamagoyaki” (a kind of nigirisushi; Japanese food) that had been lumineferous in the dark. The isolates were smeared on the surfaces of sliced “tamagoyakis”. After the incubation at 10°C for 48 hr or at 25°C for 24 hr, the surfaces became luminous. It was indicated that this abnormality of “tamagoyaki” was caused by contamination with and multiplication by P. phosphoreum.On the surface of “tamagoyaki”, the bacteria in an early growth phase in such a small number as 4 log/g luminesced. Furthermore, the luminescence was observed when pieces of squid, boiled prawn or “yakichikuwa” (a kind of food made of fishes) with the bacteria were incubated, but not observed on pickled Japanese gizzard shad. Nevertheless the the bacteria grew on the surface of tuna, but no luminescence was observed on it.The bacteria produced a small amount of histamine on squid and tuna (less than 250μg/g), and their ability to putrefy food seemed to be low.The opitmum concentration of sodium chloride for growth of the bacteria in a medium was 3%, but they grew in food containing sodium chloride less than 0.5%. When sodium chloride in the medium was replaced by potassium chloride, calcium chloride, magnesium chloride, ammonium chloride or sodium phosphate, the bacteria were still able to grow but unable to grow when replaced by potassium phosphate or sucrose. The bacteria metabolized arginine by arginine decarboxylase but not by arginine dehydrolase.
著者
多和田 友美 伊香賀 俊治 村上 周三 内田 匠子 上田 悠
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会環境系論文集 (ISSN:13480685)
巻号頁・発行日
vol.75, no.648, pp.213-219, 2010-02-28 (Released:2010-06-07)
参考文献数
18
被引用文献数
6 5

Various researches highlight that indoor air quality affects performance of workers in offices. Although good indoor air quality improves work performance, it also increases energy consumption. In this study, we achieved a field survey in a real office in order to investigate the relationship between thermal environment, productivity, and energy consumption. In addition to the monitoring of indoor environmental quality and energy consumption, subjective experiments were conducted. In order to evaluate subjective performance, workers and students responded to questionnaires, and to evaluate objective performance, students simulated three types of office works. By calculating room temperature and worker's subjective performance, we demonstrate the correlation between room temperature and worker's performance (R2=0.22, p

投稿収集状況(14日間)

ソーシャルメディアの情報をもとに、学術文献のインパクトを測定するサイトです。600,713件の学術文献の詳細情報を収集済みです。